軟化、5日線が下降圧力示唆も下げ幅は限定的

[本日の想定レンジ]
19日は米NYダウが102.20ドル安の27934.02、ナスダック総合指数が20.72pt高の8570.66、シカゴ日経225先物が大阪日中比45円安の23245円。本日の日経平均は軟化が予想され、5日移動平均線前後での小動きとなろう。5日線の下降やパラボリックの4日連続「売り」点灯が短期的な下降圧力の強さを窺わせている。ただ、25日線などは上向きをキープし、日足の一目均衡表の転換線と基準線も横ばいを継続しており、大勢では上昇トレンド中の上値拡張の小休止局面とみられ、下げ幅は限定的となろう。

[予想レンジ]
上限23350円−下限23150円


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る