4日のNY市場は上昇

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;22092.81;+66.71
Nasdaq;6351.56;+11.22
CME225;20025;+75(大証比)

[NY市場データ]

4日のNY市場は上昇。ダウ平均は66.71ドル高の22092.81、ナスダックは11.22ポイント高の6351.56で取引を終了した。7月雇用統計で非農業部門雇用者数が20万9千人増と予想を上振れたほか、失業率も前月比ほぼ横ばいの低水準となり、買いが先行。貿易赤字の縮小や長期金利の上昇が好感されたほか、ハイテク株にも買いが広がり、堅調推移となった。セクター別では、銀行や自動車・自動車部品が上昇する一方でメディアや食品・生活必需品小売が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の20025円。ADRの日本株は三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が小安い他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、三井住友<8316>、日東電<6988>、ルネサス<6723>など、対東証比較(1ドル110.69円換算)で全般堅調。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索