[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;20704.91;+2112.98
Nasdaq;7417.86;+557.18
CME225;18950;+680(大証比)

[NY市場データ]

24日のNY市場は大幅に上昇。ダウ平均は2112.98ドル高の20704.91ドル、ナスダックは557.18ポイント高の7417.86ポイントで取引を終了した。米国上院は交渉が難航していた新型ウイルスに対処する大規模経済支援策で、共和・民主党の合意成立が近いとの期待に買いに拍車がかかった。また、トランプ大統領が復活祭(イースター)までに経済を再開させたい考えを示すと、一段の上昇に繋がった。セクター別では、自動車・自動車部品、耐久消費財・アパレルが大幅上昇。一方で、食・生活必需品小売りは唯一下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比680円高の18950円。ADRの日本株は、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテイリング<9983>、三井住友<8316>、三菱商<8058>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、富士通<6702>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル111.37円換)で全般堅調。