[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;31188.38;+257.86
Nasdaq;13457.25;+260.07
CME225;28700;+210(大証比)

[NY市場データ]

20日のNY市場は上昇。ダウ平均は257.86ドル高の31188.38ドル、ナスダックは260.07ポイント高の13457.25ポイントで取引を終了した。第46代大統領にバイデン氏が宣誓就任し、新政権への期待に寄り付きから上昇。大規模財政策が景気回復や企業の業績拡大を支援するとの期待も強まり引けにかけては上げ幅を拡大し、株式総合指数は史上最高値を更新して終了した。セクター別では、メディア・娯楽、テクノロジー・ハード・機器が上昇した一方で、銀行が下落。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円高の28700円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、TDK<6762>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル103.53円換算)で全般堅調。