日経平均は小幅続伸でスタート、ハイテク株中心に買い先行、東京エレクトロンなどが上昇

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20062.65;+6.76
TOPIX;1640.56;+1.29


[寄り付き概況]

 7日の日経平均は小幅続伸でスタートした。前日の米国市場では、セントルイス連銀総裁が政策金利の現行維持を支持したほか、ミネアポリス連銀総裁がバランスシート縮小は金融市場の混乱なく完了するとの見通しを示したことが好感され、ハイテク株を中心に上昇した。為替相場は1ドル110円台70銭台で推移しており、シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の20050円に。これらを受けて、本日の日経平均はハイテク株中心に買い先行となった。

 セクターでは、水産農林、鉄鋼、鉱業、その他製品、パルプ紙、非鉄金属が上昇。売買代金上位では、任天堂<7974>、ソニー<6758>、KLab<3656>、GSユアサ<6674>、東京エレクトロン<8035>、ダブルスコープ<6619>、楽天<4755>、SUMCO<3436>、ルック<8029>などが上昇している。一方で、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、太陽誘電<6976>、鹿島建設<1812>、ホシザキ<6465>、サントリー食品<2587>は下落している。

(アナリスト 雲宮祥士)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索