[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19972.09;+297.32
TOPIX;1442.80;+16.07

[寄り付き概況]

 8日の日経平均は前日比297.32円高の19972.09円と大幅に続伸して取引を開始した。7日の米国市場ではNYダウが211ドル高だった。中国の4月輸出が予想外の増加に改善したほか、ハイテクを中心に米国主要企業の決算が好感され買いが先行。また、トランプ大統領が合意打ち切りを警告していた米中貿易協議が、早ければ来週にも電話会談が実施されることが報じられたことが材料視された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の19775円。円相場は1ドル106円40銭台で推移している。この流れから本日の日経平均は200円を超える上げ幅での続伸スタートとなった。その後も上げ幅をやや拡大する展開となっている。

 業種別では、その他製品、空運業を除き、非鉄金属、鉄鋼、不動産業、電気・ガス業、その他金融業、陸運業、石油・石炭製品、機械、ガラス・土石製品などを筆頭にほぼ全業種がプラスで推移している。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、TDK<6762>、花王<4452>、アドバンテスト<6857>、リクルートホールディングス<6098>、レーザーテック<6920>などがプラスで推移。一方、任天堂<7974>、キーエンス<6861>などがマイナスで推移している。