日経平均は57円安でスタート、上値追う材料に乏しい、三菱商事や古河電工は堅調

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20022.38;-57.66
TOPIX;1630.90;-3.48


[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を縮小してスタート。ランチタイムの225先物は19980-20010円辺りでのもち合いである。昼のバスケットは差し引き20億円の売り越しとの観測、円相場は1ドル110円70銭台で推移している。引き続き20000円処での底堅さが意識されているものの、上値を追う材料には乏しく、日経平均は5日線・25日線近辺での攻防となっている。

 セクターでは、鉄鋼、銀行業、輸送用機器、証券・商品先物取引業、保険業が軟調。売買代金上位では、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、JT<2914>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、キーエンス<6861>、東京エレクトロン<8035>、カシオ計<6952>、SUMCO<3436>、丸紅<8002>が軟調。一方で、三菱商事<8058>、古河電工<5801>、ANA<9202>、ファーストリテ<9983>、コロプラ<3668>、良品計画<7453>は堅調。

(アナリスト 雲宮祥士)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索