後場の日経平均は229円安でスタート、東エレクや村田製などが下落

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22919.29;-229.28
TOPIX;1679.03;-12.08

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比229.28円安の22919.29円と前引けから下げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は大きく3日続落。米中関係の悪化懸念から売りが先行したが、前引け間際に下げ幅を一気に縮めた。ランチタイム中の225先物は22870-22980円のレンジで推移。円相場は1ドル108円40銭台での推移となっている。この流れから、午後の日経平均は下げ幅を縮めて寄り付く形となった。その後も下げ幅を縮める展開となっているが、節目の23000円を前に上値の重い動きとなっている。

 業種別では、パルプ・紙、非鉄金属、保険業、金属製品、海運業、医薬品、化学、倉庫・運輸関連業などがマイナスで推移。一方、電気・ガス業、不動産業、ゴム製品、鉱業がプラスで推移している。売買代金上位では、東京エレクトロン<8035>、村田製作所<6981>、アドバンテスト<6857>、SUMCO<3436>、ソフトバンクG<9984>、安川電機<6506>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、太陽誘電<6976>などがマイナスで推移。一方、リクルートホールディングス<6098>、日本電産<6594>などがプラスで推移している。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る