大幅に4日続伸。米国で開発中の帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)について、運動による影響を観察する臨床試験を実施し、発汗を伴う運動時でも十分な貼付力を示す結果が得られたと発表している。先行指標品よりも皮膚刺激性が少ないなど、良好な製品として市場に浸透することが期待できるという。20年にMRX-5LBTの新薬承認申請を行う予定。