ストップ高。米グーグルが「今後2年以内に同社のブラウザ『クローム』でターゲティング広告のためのクッキー(ネット閲覧履歴のデータ)利用を規制する計画」などと複数のメディアで報じられ、買い材料視されている。ログリーはクッキーを使用せずにユーザー属性を推定する特許技術を用いた広告配信最適化エンジンを開発しており、クッキーに対する規制が同社の利益拡大につながるとの思惑から買いが入っているようだ。