一時急伸。19年12月期の営業損益を従来予想の1.99億円の黒字から2.52億円の黒字(前期実績10.31億円の赤字)に上方修正している。原価の低減を徹底した結果、売上原価率が低下し、利益が拡大する見込み。同期の年間配当は従来予想の15.00円から19.00円(前期実績15.00円)に増額修正する。業績動向などを総合的に勘案した。株価が25日、75日の各移動平均線を上抜けたことも買いを誘い、一時735円まで大幅に上昇したが、朝高後はマイナスに転じている。