大幅に反発。21年5月期の営業損益予想を前期比0.0-33.4%増の7.57-10.10億円の黒字と発表している。「オンライン名刺」機能の普及拡大など既存事業の強化に加え、新規事業の創出や各種ソリューションサービスの強化を図る。新型コロナウイルスの影響で不透明な事業環境の継続が予想されることから、レンジでの開示とした。20年5月期の営業損益はSansan事業が伸び、7.57億円の黒字(前期実績は8.49億円の赤字)で着地した。