英国とEUは新たな離脱協定案で合意

 英国と欧州連合(EU)は17日、EU離脱協定案を修正することで合意したことから、各市場でリスク選好的な取引が一時拡大した。しかしながら、北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)は19日の議会審議で新たな合意案に反対する意向を表明し、労働党のコービン党首も新合意案に批判的な見解を表明したことから、リスク選好的な取引はやや縮小している。

 英議会は期限までに合意案が承認されなければ、ジョンソン首相に離脱延期の要請を義務付ける法案をすでに可決しているが、首相は延期には応じない姿勢を変えていないため、19日に行なわれる英下院での特別審議で離脱合意案が承認されない場合、英国のEU離脱を巡る情勢は流動的となり、各市場でリスク回避の取引が再び広がる可能性がある。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る