(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、元高進行などが支援材料

3日の上海総合指数は売り先行。前日比0.15%安の3279.99ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.19%高の3291.29ptで推移している。元高進行が好感され、中国株に買いが継続。また、政策期待に関連した銘柄への物色も続いている。一方、上海総合指数が約1年7カ月ぶりの高値水準で推移しており、利益確定売り圧力はやや強い。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索