中国共産党員、約85%が宗教を信仰=米パデュー大教授

 米国インディアナ州にあるパデュー大学中国宗教・社会研究センターの楊鳳崗教授が10年前に行った社会調査では、約85%の共産党員が宗教を信仰をしていることが分かった。無神論を体制のイデオロギーにする中国共産党は、党員に信仰を持つことを許していない。なぜ多くの党員が密かに信仰を持っているのかについて、大紀元はこのほど楊教授に話を聞いた。



 2007年中国調査会社の「中国零点調査諮訊公司」と楊教授は、中国人の信仰状況を調べるために、共同で『中国人精神生活調査(CSLS)』を行った。同調査では、85%の中国人は宗教を信仰しているとの結果を得た。 



 中国共産党高層は党員に対して、宗教を信仰してはいけないと要求している。しかし、楊教授は「大半の党員はそれを実践できない」と大紀元の取材に対して答えた。



 「社会の開放とともに、中国人は近年海外からの情報を多く手にしている。なかには超常的な現象、信仰についての情報もあるだろう。人々は、大きな社会的変化または人生で苦難や試練に遭った時、自然に超自然的な力、あるいは神の存在に頼っている」。



 楊教授は数年前、山西省で社会調査を行ったところ、同行した市政府幹部の行動に驚いたという。「幹部は地元のお寺に入った際、突然、仏像の前に跪いてお参りを始め、賽銭箱に数百元(数千円)の現金を入れた」。



 この幹部の話では、仕事で困難な息を迎えたときに、五台山(中国仏教四大名山の一つ)にお参りに行ったところ、昇進が叶った。「お礼参りしたかったが、仕事が忙しくて行けなかった。今日はここで仏様に出会えたので、お礼をしようと思った」と語ったという。



 「この幹部のように、実際に多数の官僚や幹部が信仰を持っているが、しかし普段それを表に出す勇気はない」と楊教授が指摘する。また、共産党員の大半は党員になっても信仰を捨てることはないため、心の中で常に葛藤しているという。



 大紀元は2004年に『共産党についての九つの評論』を発表してから、中国国内外では約2億8000万人の人が共産党、または関連組織からの脱退を宣言した。



 仮名で共産党からの脱退を宣言した人の多さに、楊教授は中国国内で実名で脱退を表明すれば、この人の政治生命の終わり、あるいは公的地位の放棄を意味すると分析した。



 「中国共産党は多くの政治資源を独占した。このため、党員は公に党組織からの離脱を宣言する勇気がない。しかし心の中で、あるいはイデオロギー上においては、すでに脱退している」と指摘した。



(記者・秦越、翻訳編集・張哲)




【ニュース提供・大紀元】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索