外国為替証拠金取引(FX)をより少ない証拠金で開始可能に

ソニー銀行株式会社【関東財務局長(登金)第578号】は、2017年8月5日(土)06時10分に、外国為替証拠金取引(FX)の必要証拠金を引き下げ、より少額の証拠金で取引が可能になる。また、これに伴い、ロスカットの基準も変更になる。



■変更点



変更前

変更後



必要証拠金

取引金額の10%

取引金額の5%



ロスカットレベル

証拠金維持率が50%に達したとき

証拠金維持率が80%に達したとき



アラートメール

プレアラートメールは証拠金維持率が100%、アラートメールは75%になると配信

プレアラートメールは証拠金維持率が150%、アラートメールは100%になると配信



□たとえば、「米ドル」=120円で1万通貨の取引きを行う場合

<変更前>

取引金額…120円×1万通貨=120万円

必要証拠金…120万円×10%=12万円

<変更後>

取引金額…120円×1万通貨=120万円

必要証拠金…120万円×5%=6万円

従来に比べ、半分の証拠金で取引きを開始できるようになる。

※保有中の建玉には、2017年8月5日(土)午前6時10分以降、上記変更内容が適用される。少額の証拠金で取引を行った場合、新規約定からロスカットまでの値幅が従来に比べ狭くなるので、要注意を(必要証拠金額ちょうどの証拠金で取引きを行った場合、上記の例だと、変更前は約6円の変動でロスカットとなったが、変更後は約1.2円の変動でロスカットとなる。為替相場が急激に変動した場合には、指定した価格より不利なレートでの約定となる可能性がある。





【ニュース提供・エムトレ】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索