日米の注目経済指標:7月米消費者物価指数は伸び悩みか

8月7日-11日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。



■8日(火)午前8時50分発表予定

○(日)6月経常収支-予想は+8605億円

参考となる5月実績は+1兆6539億円の黒字だった。貿易収支が赤字になったことから経常黒字額は減少した。第1次所得収支は+1兆9243億円、第2次所得収支は-1973億円だったとなる。6月については、第1次所得収支の黒字額は減少すると予想されており、第2次所得収支は赤字となる可能性が高いことから、経常黒字額は大幅に縮小するとみられる。



■9日(水)午後9時30分発表予定

○(米)4-6月期非農業部門労働生産性-予想は+0.8%

参考となる1-3月期確報値は前期比年率で0.0%。非農業部門の単位労働コストは+3.0%から2.2%に下方修正されていた。4-6月期については生産高の伸びは1-3月期を上回ることが予想されており、労働生産性の伸びは1-3月期確報値を上回る見込み。ただし、単位労働コストは1-3月期確報値を下回る可能性が高い。



■10日(木)午前8時50分発表予定

○(日)6月機械受注-予想は前月比+3.7%

参考となる5月実績(船舶、電力を除く民需の受注額)は前月比-3.6%、8055億円だった。+1.6%程度の市場予想に反して減少した。非製造業の減少が影響したようだ。6月については反動増が予想されるが、内閣府は5月時点で基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から「足踏みがみられる」に引き下げており、大幅な増加は期待できない。



■11日(金)午後9時30分発表予定

○(米)7月消費者物価コア指数-予想は前年比+1.7%

参考となる6月実績は前年同月比+1.7%。携帯電話のサービス価格低下が物価上昇を抑えた。航空運賃、衣料品、家庭用雑貨などの価格も低下した。家賃は2カ月連続で上昇。7月については携帯電話のサービス価格や衣料品価格などの低下が予想されており、全体の物価上昇率は6月実績をやや下回る可能性がある。



その他の主な経済指標の発表予定は、8日(火):(中)7月貿易収支、9日(水):(中)7月消費者物価指数、10日(木):(日)7月国内企業物価指数、(米)7月生産者物価指数。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索