売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始

株式会社SBI証券【関東財務局長(金商)第44号】は、FinTech技術活用の一環として、日本電気株式会社(NEC)とAI(人工知能)を売買審査業務に適用する実証実験を開始した。

SBI証券の売買審査業務は、不公正取引の可能性のある注文を、あらかじめ設定した基準によって、システム的に幅広く抽出し、そのデータのなかから審査担当者が不公正取引の可能性を判断、疑いのあるものについては更に詳細な調査を進める2段階のフローとなっている。しかし、初期調査のデータが多いため、審査担当者の業務効率が上がらない課題を抱えていた。近年の売買審査業務は、不公正取引の複雑化等により、審査対象が拡大しており、不公正取引の疑いのある注文を正確かつ迅速に判断することが、より重要になってきている。



今回の実証実験では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」ひとつであるディープラーニング技術を搭載した「NEC Advanced Analytics RAPID機械学習」を導入。過去の不公正取引を「RAPID機械学習」に学習させることで、審査担当者による初期調査の大部分を「RAPID機械学習」が判断し、その結果、審査担当者の業務を減らし、より高度な分析が必要な取引に注力することができるはずである。



これまではあらかじめ設定した内容に基づき不公正取引を調査してきたが、「RAPID機械学習」により、これまで発見が難しかった新たな不公正取引の傾向もつかむことができると考えている。





【ニュース提供・エムトレ】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索