いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONE PAY」スタート

ウォルト株式会社は、2017年8月8日から、いつでも誰でもカード決済を受け付けられるアプリ「ONEPAY(ワンペイ)」をスタートさせた。



「ONEPAY」はまったく新しいカード決済ターミナル。お金の受け取り側がアプリをインストールし、支払う人のカードをスキャンするだけで決済が完了するというもの。



■ONEPAYの特徴



(1)究極的にミニマルなコスト設計(月額手数料・初期費用・解約費用は一切無料。追加決済端末もなし)。



(2)最短1分での登録(審査を一切なくし、最短1分での登録を実現)。



(3)最高に便利な出金機能(売上金は、いつでも好きなタイミングで何回でも出金可能。日本国内ほぼすべての金融機関に対応)。



(4)主要クレジットカードに対応(Visa、MasterCardだけでなくAmericanExpressにも対応、プラスチックカードだけでなく、バーチャルカードでの決済も可能)。



■利用シーン



・個人間の売買

・小規模のお店や塾などの支払い

・パーティー/レッスン/勉強会の参加費集金(割り勘徴収)

・ポップアップストアや屋台での利用



■手数料



・決済ごとに5%

・出金ごとに300円



■最高経営責任者の山内奏人氏のコメント



「シェアリング・エコノミーの爆発的な普及により、さまざまな世代の個人がこれまで以上に手軽にお金をやり取りできるアプリが必要だと考えました。ONEPAYはさまざまな決済方法に対応し、よりユーザーに求められるサービスに高めていきます」





【ニュース提供・エムトレ】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索