マレーシア前政権の汚職疑惑、「中国国有企業が関与」との報道

マレーシア政府が進めている政府系ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」をめぐる汚職疑惑の捜査に関して、同政府関係者が「中国国有企業が絡んでいる」と指摘した。英BBCが16日報じた。



同政府は6日、ナジブ前政権が中国企業と契約を結んだ3つの建設プロジェクトの中止を発表した。うちの2つのプロジェクトは、天然ガスパイプラインの敷設事業だ。もう一つは、総建設費200億ドル(約2兆2400億円)、同国内最大規模となる鉄道建設計画「東海岸鉄道」(ECRL)事業だ。マレーシア政府は、「国益を守るため」と説明した。中国交通建設集団(CCCC)がECRLの建設主体となっていた。



1MDB捜査に関わる同国の高官はBBCの取材に対して、ナジブ前政権はこの2つのパイプライン建設プロジェクトを通じて、マネーロンダリングを行ったとの見方を示し、前政権の不正資金流用に中国国有企業が関わったと指摘した。



2つのパイプライン建設の総工費が約23億ドル(約2576億円)で、そのうちの88%の資金がすでに施工側、中国石油天然気管道局工程有限公司(CPP)に支払われた。しかし、工事は全体の13%しか進んでいなかった。CPPは、中国国有企業の中国石油天然気集団公司(CNPC、ペトロチャイナ)傘下パイプライン敷設企業だ。



同捜査関係者は、「パイプライン建設計画自体が詐欺のようだ」と批判した。また、支払われた資金は中国企業を経由して、ナジブ前政権と関係する利益集団に流れ、1MDBの債務返済に充てられた可能性が高いとした。



1MDBは、マレーシアの経済発展を目的に2009年に設立された。



同国政府は今月3日、ナジブ前首相(64)が同ファンドから45億ドル(約5040億円)以上の資金を横領したとして逮捕した。資金の一部は米国の別荘の購入費に流用されたという。政府は現在、汚職の全容解明を進めており、同時に資金の回収を努めている。1MDBの負債規模は現在、120億ドル(約1兆3440億円)を上回っている。



現在、米国、スイスとシンガポール政府も関係国として、1MDBの不正資金流用に関して捜査しているという。



一方、同国のマハティール首相は8月下旬に中国を訪問するし、習近平国家主席と首脳会談を行う予定だ。両首脳は、中止となった建設事業について議論を交わすとみられる。



(翻訳編集・張哲)







【ニュース提供・大紀元】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索