国内外の注目経済指標:4−6月ユーロ圏GDP改定値は速報値と同水準か

8月13日−17日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。



■14日(火)午後3時発表予定

○(独)4−6月期国内総生産-1−3月期実績は前年比+2.3%

参考指標となるマークイット総合PMIの4−6月の数値は54.6、53.4、54.8で1−3月の59.0、57.6、55.1を下回っており、経済成長の減速を示唆している。このため、1−3月期(日数調整後)の成長率実績(前年比+2.3%)に対して、4−6月期の成長率は2%程度にとどまる可能性がある。



■14日(火)午後6時発表予定

○(欧)4−6月期ユーロ圏域内総生産改定値-速報値は前年比+2.1%

1−3月期との比較で4−6月期の経済成長は多少持ち直した。設備投資はまずまず順調だった。改定値では在庫調整やサービス輸出減少の影響などを考慮しても、速報値2.1%から下方修正される可能性は低いとみられる。



■15日(水)午後9時30分発表予定

○(米)7月小売売上高-予想は前月比+0.1%

参考となる6月小売売上高は前月比+0.5%で市場予想と一致した。自動車を含む幅広い項目で販売が増えた。7月については6月に増加した反動で伸び率は鈍化する見通し。ただし、米個人消費は変わらず順調であり、米経済成長のけん引役になるとみられる。



■16日(木)午前8時50分発表予定

○(日)7月貿易収支-予想は−412億円

参考となる7月上中旬の貿易収支は3720億円の赤字。輸入額は前年比+16.2%と輸出額の伸び(同比+6.9%)を大幅に上回った。昨年7月上中旬の貿易収支は12.4億円の赤字で7月の貿易収支は最終的に4066億円の黒字となったが、2018年7月は貿易赤字となる可能性が高いとみられる。



■17日(金)午後11時発表予定

○(米)8月ミシガン大学消費者信頼感指数-予想は97.9

参考となるコンファレンスボードの7月消費者信頼感指数は127.4。同現況指数は165.9で17年ぶりの高水準だった。足元の雇用情勢は良好な状態が続いており、所得水準も安定していることから、7月の確報値97.9と同水準の数値となる可能性がある。



その他の主な経済指標の発表予定は、14日(火):(中)7月鉱工業生産、(中)7月小売売上高、(欧)6月ユーロ圏鉱工業生産、15日(水):(米)4-6月期労働生産性、(米)8月NY連銀製造業景気指数、(米)7月鉱工業生産、(米)7月設備稼働率、16日(木):(米)7月住宅着工件数、(米)7月建設許可件数、17日(金):(米)7月景気先行指数。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索