新規買いは原資産の株価上昇が目立つルネサスエレクトロニクス<6723>プット17回 3月 700円を逆張り、SUMCO<3436>プット111回 3月 1,300円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日産自動車<7201>コール250回 5月 700円を逆張り、日産自動車プット200回 3月 600円を順張り、日本製鉄<5401>コール196回 4月 1,700円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはソフトバンクグループ<9984>プット387回 3月 4,250円、三井金属鉱業<5706>コール30回 4月 3,250円、ソフトバンクグループコール508回 3月 6,750円、ダイキン工業<6367>プット88回 3月 13,500円、ヤマシンフィルタ<6240>コール37回 4月 1,150円などが見られる。



上昇率上位はルネサスエレクトロニクスコール23回 3月 850円(前日比2.3倍)、GMOペイメントゲートウェイ<3769>コール21回 3月 10,000円(前日比2.2倍)、三井金属鉱業コール30回 4月 3,250円(前日比2.1倍)、GMOペイメントゲートウェイコール20回 3月 8,500円(+82.2%)、三井金属鉱業コール29回 4月 2,850円(+81.9%)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)