新規買いは原資産の株価上昇が目立つJIG-SAW<3914>コール56回 5月 4,500円を順張り、さくらインターネット<3778>コール29回 6月 650円を順張り、ファーストリテイリング<9983>プット232回 6月 50,000円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本電産<6594>コール144回 6月 14,500円を逆張り、日本電気<6701>コール126回 6月 4,800円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはソフトバンクグループ<9984>プット406回 7月 3,800円、ソフトバンクグループコール534回 7月 5,300円、ソフトバンクグループコール533回 7月 4,800円、日経平均コール1447回 6月 22,500円、信越化学工業<4063>コール143回 5月 12,500円などが見られる。



上昇率上位はソフトバンクグループコール520回 4月 4,000円(前日比15.8倍)、ソフトバンクグループコール522回 4月 4,500円(前日比11倍)、トリケミカル研究所<4369>コール34回 4月 9,000円(前日比8倍)、ソフトバンクグループコール525回 5月 5,250円(前日比7.6倍)、ソフトバンクグループコール523回 5月 4,750円(前日比6.1倍)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)