新規買いは原資産の株価上昇が目立つ信越化学工業<4063>コール150回 7月 12,500円を順張り、任天堂<7974>コール386回 7月 38,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本航空<9201>コール83回 6月 2,650円を逆張り、リクルートホールディングス<6098>コール53回 7月 3,800円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均コール455回 5月 28,500米ドル、日経平均プット1268回 7月 14,500円、WTI原油先物リンク債_2020年9月限プット4回 7月 30米ドル、日経平均プット1318回 7月 20,000円、日経平均プット1275回 7月 15,500円などが見られる。



上昇率上位はビヨンド・ミートコール9回 5月 120米ドル(前日比26倍)、ビヨンド・ミートコール12回 5月 140米ドル(前日比15.2倍)、ビヨンド・ミートコール13回 5月 164米ドル(前日比13倍)、ビヨンド・ミートコール11回 5月 100米ドル(前日比5.4倍)、ユーロリンク債プット516回 5月 116円(前日比3.7倍)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)