英ポンド週間見通し:もみあいか、EU離脱交渉を巡る不確実性残る

■大幅下落、ハード・ブレグジットへの警戒感高まる



先週のポンド・円は大幅下落。英国は欧州連合(EU)からの移民制限を優先し、EUとの財・サービス・資本移動の自由を失う「ハード・ブレグジット」を選択するとの警戒感が再浮上したことが要因。米ドル・円相場が円高方向に振れたこともポンド安・円高を促進した。取引レンジ:138円93銭-143円86銭。



■もみあいか、EU離脱交渉を巡る不確実性残る



今週のポンド・円はもみあいか。英国のメイ首相は17日に交渉準備の一環として離脱に向けた方針を示す。これによって「ハード・ブレグジット」への警戒感が低下すれば、ポンドは強含みとなりそうだが、移民制限を優先する方針が示された場合、ポンドの上値は重くなりそうだ。



○発表予定の英主要経済指標・注目イベント

・17日:12月消費者物価コア指数(前年比予想:+1.4%、11月:+1.4%)

・18日:12月失業率(予想:2.3%、11月:2.3%)

・20日:12月小売売上高(前月比予想:-0.2%、11月:+0.2%)



予想レンジ:138円00銭-141円00銭

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索