欧州為替:ドル・円は安値圏、欧州株は上げ幅縮小

 ドル・円は111円50銭台と、日中の安値付近で推移。欧州株はほぼ全面高だが、上げ幅を縮小。また、米株式先物も失速ぎみで、リスク選好的なドル買い・円売りがやや後退しているもよう。この後はローゼングレン米ボストン連銀総裁の講演(オランダ中銀主催会合)待ちだが、金融政策正常化に向けたタカ派的な発言への警戒感からドル売りは限定的になるとみられる。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円48銭から111円67銭。ユーロ・円は124円41銭から124円64銭、ユーロ・ドルは1.1150ドルから1.1165ドルで推移。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索