東京為替:ドル・円はもみあい、日本株は下げ幅縮小

ドル・円は110円70銭付近でもみあう展開。日経平均株価が前場よりも下げ幅を縮小し、20000円の大台を回復したことが好感され、リスク回避的なドル売り・円買いが後退しつつある。また、米10年債利回りの下げ渋りもドル売りを弱めているようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円58銭から110円83銭、ユーロ・円は130円89銭から131円33銭、ユーロ・ドルは1.1834ドルから1.1859ドルで推移した。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索