マザーズ先物概況:大幅反落、戻りの鈍い展開に

3日のマザーズ先物は大幅反落、25pt安の1092pt(下落率2.23%)で取引を終えた。高値は1119pt、安値は1085pt。出来高は3588枚と上場以来2番目の大商いを記録した。本日のマザーズ先物は、前日比同値でスタートした後に、大きく下落する場面がみられた。引けにかけて値を戻す場面もみられたが、戻りは限定的だった。今週末からマザーズ市場の銘柄の多くが決算発表を予定しており、それを控えて後場は値動きの小さい展開となった。



個別では、マザーズ時価総額上位のアカツキ<3932>やミクシィ<2121>などのゲーム関連株は売られた一方で、本日マザーズ及び名証セントレックスへ新規上場したシェアリングテクノロジー<3989>の初値は公開価格を86.9%上回る2990円となった。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索