今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆130円台で推移

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。1.1616ドル(2016/05/03)まで戻した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行が金融緩和策縮小を検討するとの思惑で1.1910ドル(2017/08/2)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後124円10銭(2016/12/15)から114円85銭(2017/04/17)の範囲内で推移したが、欧州中央銀行の金融緩和策縮小観測などを意識して、131円40銭(2017/08/2)まで買われている。



本日のユーロ・円は、130円台で推移か。年内米追加利上げ観測は後退しており、投機的なユーロ売り・米ドル買いはやや抑制されている。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは130円台を維持する展開となりそうだ。



【ユーロ売り要因】

・9月に米バランスシート縮小開始との見方

・ユーロ圏と米国の金利差拡大観測

・ユーロ圏の成長加速に対する懐疑的な見方



【ユーロ買い要因】

・ユーロ圏の経常黒字は高水準

・ユーロ圏の失業率低下

・年内の米利上げ観測後退

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索