東京為替:ドル・円はもみあい、米雇用統計下振れも下げは限定的か

ドル・円は110円10銭付近でもみあう展開が続いている。今晩発表の米7月雇用統計が低調な内容となっても、ドルの下げは限定的とみられているようだ。ある短期筋は、「指標の下振れはすでに織り込まれたほか、次回の連邦公開市場委員会(FOMC)開催まで1カ月以上もあり、連邦準備制度理事会(FRB)の政策決の決め手にはなりにくい」との見方を示す。



ここまでのドル・円の取引レンジは109円85銭から110円19銭、ユーロ・円は130円51銭から130円85銭、ユーロ・ドルは1.1868ドルから1.1889ドルで推移した。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索