個別銘柄戦略:2万円近辺でのこう着に、決算控え模様眺め、トヨタ自に注目

7日の日本株市場は買い先行後は、日経平均の2万円近辺でのこう着になりそうだ。米雇用統計を受けた市場反応から始まるが、非農業部門雇用者数が、前月比20. 9万人増だった。コンセンサスは18.3万人増だったこともあり、これを上回る雇用者の増加が見られた。しかし、FF金利先物からみた年内の利上げ確率は上昇しておらず、円相場は若干円安に振れた程度である。雇用統計の反応も限られたものになりそうだ。



また、決算発表についてはトヨタ<7203>など主力処が一巡したが、今週も1200社以上の発表が予定されており、決算内容を見極めたいとする模様眺めムードが強まろう。ソフトバンクG<9984>の決算が予定されており、これが市場のインパクトにつながるかが注目されるところ。



個別で格上げや目標株価の引き上げが観測されているところでは、NDS<1956>、NOK<7240>、テルモ<4543>、トヨタ自動車<7203>、小糸製作所<7276>、伊藤忠<8001>、ヒューリック<3003>の動向が注目される。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索