10時40分時点の日経平均は113円高、伊藤忠が年初来高値を更新

10時40分時点の日経平均は前週末比113.98円高の20066.31円。TOPIXは前週末比9.40pt高の1940.85pt。



東証1部の売買代金トップは任天堂<7974>。その他、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、ミネベア<6479>、伊藤忠<8001>、ルック<8029>などがランキング上位に続いている。



東証1部の騰落状況は値上がり1384銘柄、値下がり507銘柄。値上がり率上位銘柄は、フルキャストHD<4848>、日伝<9902>、ノリタケ<5331>、旭ダイヤ<6140>、日本カーボン<5302>など。



決算発表がピークを迎え、先週末に第1四半期決算を発表したミネベア<6479>や伊藤忠<8001>、フルキャストHD<4848>など、引き続き決算を材料視した個別物色が盛んなようだ。なお、トヨタ自<7203>も先週末に第1四半期の決算を発表しているもののサプライズは乏しく、本日は円安など外部環境の好転やマツダ<7261>との業務資本提携に対する期待感などが先行している模様。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索