東京為替:ドル・円は小動き、材料難で様子見

 ドル・円は110円70銭付近で小動き。4日の米国の7月雇用統計発表を終え、イベント通過に伴いリスク回避的な動きは後退しているもよう。欧米株式先物のプラス圏推移でドル買い・円売りに振れやすい地合いだが、米長期金利が前日比ほぼ横ばい推移でドル買いは入りづらいようだ。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円65銭から110円85銭。ユーロ・円は130円34銭から130円62銭、ユーロ・ドルは1.1772ドルから1.1802ドルで推移。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索