マザーズ先物概況:反落、売り方優位の需給状況続く

7日のマザーズ先物は反落、11pt安の1091pt(下落率0.99%)で取引を終えた。高値は1110pt、安値は1090pt。出来高は1969枚。本日のマザーズ先物は、前週末比ほぼ同値でのスタートとなった後は、引けにかけて利益確定売り優勢の展開に。前週末にあったトヨタ自<7203>をはじめとした主力処の堅調な決算内容や相次ぐ上方修正を受けて、マザーズ市場へは関心が向かいにくい地合いであった。業績堅調なマザーズ市場銘柄に対する再評価の動きも一部でみられたが、マザーズ先物主導による売り方優位の需給状況が依然として継続し、資金の逃げ足の早さが目立った。



個別では、明日に決算を控えたマザーズ時価総額上位のミクシィ<2121>のほか、Gunosy<6047>やサイバーダイン<7779>が引けにかけて物色が向かったが、相場の流れを変えるには至らなかった。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索