東京為替:ドルは110円70銭台で推移、前日の水準とほぼ変わらず

8日午前の東京市場でドル・円は110円70銭台で推移。110円台前半には短期筋などのドル買い興味が残されており、目先的にドルはやや底堅い動きとなりそうだ。日経平均株価は小幅安で推移しているが、現時点で株安を意識したドル売りは限定的。ここまでのドル・円の取引レンジは110円73銭から110円81銭。

・ユーロ・円は、130円59銭から130円75銭で推移

・ユーロ・ドルは、1.1791ドルから1.1805ドルで推移



■今後のポイント

・110円台前半に顧客筋、個人勢のドル買い興味

・1ドル=112円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性



・NY原油先物(時間外取引):高値49.34ドル 安値49.25ドル 直近値49.54ドル

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索