東京為替:ドル・円はやや値を下げる展開、日本株の軟調地合い継続で

ドル・円は110円50銭台に小幅に値を下げる展開となっている。日経平均株価がやや下げ幅を拡大し、リスク回避的なドル売り・円買いに振れやすい地合いのようだ。また、米ダウ先物がマイナス圏で推移し、今晩の下落を警戒したドル売りも観測される。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円57銭から110円81銭、ユーロ・円は130円58銭から130円83銭、ユーロ・ドルは1.1791ドルから1.1825ドルで推移した。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索