NY株式:ダウ33ドル安、地政学リスクへの警戒感広がる

8日の米国株式相場は下落。ダウ平均は33.08ドル安の22085.34、ナスダックは13.31ポイント安の6370.46で取引を終了した。小幅下落して寄り付いたものの、主要小売決算が好感されたほか、ハイテク大手を中心に上昇する展開となった。しかし、トランプ大統領が核交渉を拒否した北朝鮮に対して厳しい姿勢を示したことから地政学リスクへの警戒感が高まり、引けにかけて再び下落に転じた。セクター別では、メディアやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で商業・専門サービスや素材が下落した。




レンタカー会社のエイビス・バジェット・グループ(CAR)は決算内容が予想を下振れたほか、通期見通しを引き下げ、下落。引け後に決算発表を控える同業ハーツ・グローバル(HTZ)も連れ安となった。一方で、アパレルのマイケル・コース(KORS)やアパレルのラルフローレン(RL)は決算内容が好感され、大幅上昇。製薬のバリアント・ファーマシューティカルズ(VRX)は債務削減の見通しが好感され、買われた。




エンターテイメントのウォルト・ディズニー(DIS)はマーケット終了後に4-6月期決算を発表、一株利益は予想を上振れたものの、売上高は下振れた。時間外取引で下落して推移している。





Horiko Capital Management LLC

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索