東京為替:ドル・円は安値圏継続、本邦勢の夏季休暇で買戻しは手薄

ドル・円は、109円90銭台の安値圏での推移が続く。109円後半では国内勢による買戻しが観測されている。ただ、本邦勢が夏休みに入っており、値ごろ感は出ているものの買戻しは手薄のようだ。目先は警戒感の後退で回復基調となっても、ドルの戻りは限定的とみる。



ここまでのドル・円の取引レンジは109円75銭から110円36銭、ユーロ・円は128円72銭から129円76銭、ユーロ・ドルは1.1719ドルから1.1764ドルで推移した。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索