マザーズ先物概況:反落、円高進行や地政学リスク再燃

9日のマザーズ先物は反落、22pt安の1082pt(下落率1.99%)で取引を終えた。高値は1105pt、安値は1069pt。出来高は3102枚。本日のマザーズ先物は、前日比ほぼ同値でスタートした直後から大幅な下落をみせ、引けまで弱含んだ。円高進行や地政学リスクが再燃したことを受け日経平均が心理的な支持線として意識されていた75日線を割り込むなか、マザーズ先物においても短期的に売り仕掛け的な売買が多くみられた。



個別では、マザーズ時価総額上位銘柄のミクシィ<2121>が7%安となったほか、明日決算発表を控えるそーせい<4565>やGNI<2160>などが揃って売られた。ミクシィ<2121>は、17年4-6月期が前年水準を確保したものの、足元の株価下落による需給悪化への警戒感が強いことなどを背景に、決算発表をきっかけに手仕舞い売りがかさんだ。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索