東京為替:ドル売り一服、目先的には株価動向を注視する展開に

10日午前の東京市場でドル・円は110円10銭近辺で推移。日経平均株価は37円高で推移しており、株高は一服しているが、リスク回避的なドル売り・円買いは増えていないようだ。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感は消えていないが、株高が続いた場合、ドルを買い戻す動きが広がる可能性がある。ここまでのドル・円の取引レンジは109円90銭から110円18銭。

・ユーロ・円は、129円24銭から129円55銭で推移

・ユーロ・ドルは、1.1752ドルから1.1770ドルで推移



■今後のポイント

・109円台後半に顧客筋、個人勢のドル買い興味

・1ドル=112円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性



・NY原油先物(時間外取引):高値49.69ドル 安値49.58ドル 直近値49.63ドル

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索