注目銘柄ダイジェスト(前場):小田原機、DEAR・L、戸田建など

DEAR・L<3245>:572円(+54円)

大幅反発。非連結決算への移行に伴う通期の個別業績目標を発表している。経常利益は従来の連結目標であった25億円から22.7億円に変更、純利益は16.5億円から19.5億円に引き上げている。パルマの連結除外に伴う影響を反映、特別利益では株式譲渡益を計上している。想定線とはみられるが、年間配当金予想を19円から21円に引き上げていることもあり、純利益の上振れをポジティブ視する動きが優勢に。





戸田建<1860>:865円(+64円)

大幅続伸。前日に業績予想の上方修正を発表していることが材料視されている。通期営業利益は従来予想の248億円から305億円に増額修正、生産性向上の取り組みが奏効して、建設事業の利益率が向上した。減益予想から一転して前期比22%の大幅増益となったもよう。第3四半期累計では5%増益にとどまっていたことから、1-3月期は一段と増益率が高まる形になっている。





フジプレアム<4237>:319円(-21円)

大幅に3日続落。18年3月期の営業利益を従来予想の9.07億円から3.86億円(前期実績6.60億円)に下方修正している。主力事業の精密貼合および高機能複合材部門で発注側の製品化の遅れで出荷量が大幅に減少した。また、再生可能エネルギー固定価格買取制度の見直しの影響で太陽電池モジュールの出荷量が減少したほか、OEM先の在庫調整も利益を圧迫する。





小田原機<7314>:781円(+100円)

急伸。モバイルクリエイト<3669>のシステムを利用し、恵那バッテリー電装(岐阜県中津川市)が開発したLINE活用型バスロケーションシステム「モークル」の販売を開始したと発表している。LINEのトーク画面をタップすると、バスの現在位置や速度、進行方向などの情報を返信する。利用者は長時間のバス待ちや無駄な時間の解消ができる。路線バスに加え、幼稚園や企業などの送迎バスに対しても営業展開を進める。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索