米国株見通し:米朝首脳会談中止の影響は限定的

S&P500先物       2729.50(+2.00) (17:00現在)

ナスダック100先物  6971.00(+13.75) (17:00現在)



17時時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物は横ばい、ナスダック100先物は強含みで推移している。NYダウ先物は25ドル高程度で推移。欧州株式市場は強含みの推移となっている。米原油先物は弱含みで推移している。こうした流れを受け、25日の米株式市場は売り買い均衡で始まるとみられる。



前日の米株式市場では北朝鮮情勢と米中貿易交渉に警戒感が再燃した。しかし、米国・北朝鮮・中国とも基本的に自国に有利となるよう、外交交渉を進めようとしているだけだろう。米国は自国の経済的利益を最大化することを、北朝鮮と中国は各々自国の政治体制と経済への打撃を最小限に抑えることを目指しているとみられる。市場もこうしたことは十分に承知しているはずで、トランプ米大統領が保護貿易政策で強硬姿勢を前面に出したかと思えば、柔軟な姿勢をにわかに見せ始めてきたことに、それなりに慣れているはずだ。しかも、北朝鮮情勢が元の状態に戻ったとしても、米国経済・世界経済そして米国企業の業績に及ぼす影響は限定的だろう。本日の米株式市場では冷静さを取り戻し始めた投資家が押し目買いの動きを見せ始めるとみられる。



経済指標では4月の耐久財受注と5月のミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)が発表される。グローベックス米株式先物市場ではナスダック100先物指数が相対的に強含む局面が比較的多くみられ、ハイテク株の買い戻しが強まる可能性がありそうだ。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索