欧州為替:ドル・円は109円90銭台でもみ合い、ECB理事会待ち

 ドル・円は欧州市場でもみ合いが続き、足元は109円90銭台で方向感の乏しい値動き。欧州株と米株式先物は軟調地合い、米10年債利回りは前日からやや低下の2.95%台で推移している。20時45分の欧州中央銀行(ECB)の政策発表と21時半からのドラギECB総裁の会見待ちで、売り買いいずれも仕掛けづらい状況。



 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円92銭から110円03銭。ユーロ・円は129円91銭から130円09銭、ユーロ・ドルは1.1813ドルから1.1828ドルで推移。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索