東京為替:ドル・円は110円90銭付近、ユーロ・ドルは売り再開

 15日午後の東京市場でドル・円は110円90銭に値を切り上げている。日経平均株価は前日比113円高で取引を終えたほか、日銀の異次元緩和の継続が好感され円売りが続く。また、欧州勢からとみられるユーロ売りにユーロ・ドルが1.1547ドルまで下落しており、ドルは小幅に押し上げられているようだ。



 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円46銭から110円90銭。ユーロ・円は127円70銭から128円33銭、ユーロ・ドルは1.1547ドルから1.1585ドルで推移。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索