NY為替:米中貿易協議進展への期待持続

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円77銭から110円49銭まで下落後、110円70銭まで戻したが、110円63銭で引けた。米中貿易協議において通貨安定が組み入れられるとの報道や米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となったのち、米2月NAHB住宅市場指数は予想を上回ったことや、トランプ米大統領が米中貿易協議は順調であり、3月1日の協議期限にも柔軟な方針を示したため、合意期待が広がりドル買い・円売りが再燃。



ユーロ・ドルは、1.1286ドルから1.1357ドルまで上昇し、1.1340ドルで引けた。ユーロ・円は、124円96銭から125円54銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.2941ドルから1.3073ドルまで上昇した。メイ英首相と、ユンケル欧州委委員長が20日に会談を開催することが報じられると、合意ない離脱への警戒感が後退し、ポンドの買戻しに拍車がかかった。ドル・スイスは、1.0057フランから1.0002フランまで下落した。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索