欧州為替:ドル・円は111円90銭台、ユーロ売り一服

 欧州市場でドル・円は111円90銭台に値を戻す展開。ドイツやユーロ圏のPMIの下振れを受けたユーロ売りが一服し、ユーロ・円の買い戻しもみられることで、ドル・円も反発気味になっている。この後は、米国の3月小売売上高や4月フィラデルフィア連銀製造業景況指数などの発表待ちムードが広がり、動きが落ち着く可能性も。



 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円77銭から111円94銭。ユーロ・円は125円69銭から126円04銭、ユーロ・ドルは1.1243ドルから1.1271ドルで推移。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索