東京為替:ドル・円はもみ合い、日本株高で111円90銭台を維持

19日の東京市場でドル・円はもみ合い。ドル買い材料が乏しいなか、日本株高を手がかりとした円売りでドルは111円90銭台を維持した。







東京株式市場で日経平均株価が前日比100円超高の堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが先行し、ドルは112

円台を短期的に回復する場面もあった。その後、主要市場の休場で商いは薄く、ドルは111円90銭付近に失速。







午後から夕方にかけては、ユーロ・ドルが前日の下げを緩やかに修正する値動きとなり、ドルに下押し圧力がかかった。ただ、日本株高の継続で円買いは後退しており、ドルは下げづらい展開となった。







なお、ユーロ・円は125円69銭まで下げた後は126円85銭まで切り返した。また、ユーロ・ドルはじり高となり、1.1229ドルから1.1245

ドルまで値を上げた。







・17時時点:ドル・円111円90-00銭、ユーロ・円125円80-90銭



・日経平均株価:始値22238.07円、高値22250.37円、安値22162.23円、終値22200.56円(前日比110.44円高)







【要人発言】



・浅川財務官



「10連休中にボラティリティが高まった場合の対応を協議」



「1月3日のようなクラッシュがないとは限らない」



「連休中も平日と同様に市場のモニタリングを行う」



・萩生田自民幹事長代行



「消費税率は今年10月に10%へ引き上げる基本方針に変わりはない」



「仮に消費増税延期なら国民の了解を得る必要がある。衆院解散は総理の専権事項」



・菅官房長官



「予定通り消費税増税できるよう運営に万全を期す」





【経済指標】



・日・3月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.8%(予想:+0.7%、2月:+0.7%)



【今日の欧米市場の予定】



・21:30 米・3月住宅着工件数(予想:123.0万戸、2月:116.2万戸)



・21:30 米・3月住宅建設許可件数(予想:130.0万戸、2月:129.1万戸←129.6万戸)



・聖金曜日で休場:独、スイス、英、南ア、米、カナダ、ブラジルなど


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索