欧州為替:ドル・円は108円20銭から108円35銭で推移

 18日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円20銭から108円35銭で推移している。ユーロ・ドルの下落をきっかけにドル買いが優勢になっている。欧州株は全面高、米株先物は上昇、一方、米10年債利回りは一時2.03%台まで低下している。



 ユーロ・ドルは1.1238ドルから1.1181ドルまで下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の追加緩和言及やドイツの6月ZEW期待指数の急低下を受けて、ユーロ売りになっている。ユーロ・円も121円66銭から121円08銭で下落している。



 ポンド・ドルは1.2538ドルから1.2521ドルまで下落。英保守党党首選の第2回投票を控えてポンド売りが優勢になっている。ドル・スイスフランは0.9966フランから1.0005フランまで上昇している。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索