NY株式:NYダウ173ドル安、金利低下を嫌気

米国株式相場は下落。ダウ平均は173.35ドル安の25962.44、ナスダックは54.25ポイント安の7948.56で取引を終了した。米長期金利が再び低下し、売りが先行。イタリアのコンテ首相が辞任を表明し、同国の政局混乱への懸念から欧州株がほぼ全面安となり、米国株も終日軟調推移となった。しかし、明日発表されるFOMC議事録や、23日のパウエルFRB議長の講演を見極めたいとの思惑から下値も限られた。セクター別では小売を除いて全面安となり、特に銀行や保険の下落が目立った。




米10年債利回りが、再び1.6%を下回る水準まで低下し、シティ・グループ(C)、バンクオブアメリカ(BAC)、JPモルガン(JPM)など金融各社が軒並み下落。百貨店のコールズ(KSS)は、既存店売上高が予想を下振れ軟調推移。動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)は、携帯端末のアップル(AAPL)が動画配信サービスの「Apple TV+」を11月までに開始し、60億ドルを投資する事が明らかとなり売られた。一方で、ホームセンターのホーム・デポ(HD)は、決算内容が好感され下期の業績改善を予想する見方から堅調推移。代替肉食品メーカーであるビヨンド・ミート(BYND)は、JPモルガンによる投資判断引き上げを受け上昇した。




大手行が自己資金での投機を制限する「ボルカー・ルール」の規制が一部緩和された。改定案は20年1月1日付で発効されるが、ゴールドマン・サックス(GS)など金融大手の業績に好影響を与えそうだ。







Horiko Capital Management LLC


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索