東京為替:株高持続でドル・円は108円13銭まで買われる

11日午前の東京市場でドル・円は108円台に上昇。日経平均株価は183円高で推移しており、上げ幅は拡大していることから、リスク選好的なドル買いが入っているようだ。米中閣僚級協議への期待が高まっており、本日の中国本土株式は強い動きを見せる可能性があることもドル・円相場に対する支援材料になりそうだ。ここまでのドル・円は107円85銭から108円13銭で推移。

・ユーロ・ドルは、1.1004ドルから1.1014ドル、ユーロ・円は118円73銭から119円00銭で推移している。



■今後のポイント

・米中閣僚級協議への期待

・9月ISM製造業・非製造業景況指数の悪化

・米国の政治不安



・NY原油先物(時間外取引):高値54.13ドル 安値53.73ドル 直近値53.76ドル


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る